34の資質「ストレングス・ファインダー」で自分の才能を知る

先日ある起業家さんとお会いして、こんな悩みを相談しました。

・目標や目指すところははっきりとしているのに、何を手段として実現したらいいのかわからない。

・やろうと思えばなんでもできるし、制限もない。ただ自分が数ある選択肢の中から何を選んでいいのかわからない。

・考えているうちに、自分が楽しいと思うこと、ワクワクすることがわからなくなった。

こんな話を聞いて起業家さんがおすすめしてくれたのが、この本。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす


久々に眠れぬ夜を過ごしたくらいエキサイティングな内容だでした!興味ある人は是非手にとってみてほしいです。


「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」

マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著

 200万人へのインタビュー調査から導き出された34の資質(優れた行動パターン)を知り、ビジネスに効果的に活かそうというもの。自分の資質を知って天職に近づくこともそうだし、部下の指導や人事にも役立つ内容。

本を買うとアクセスコードがついてきて、WEBサイトで自分の強み診断「ストレングス・ファインダー」を受けられます。所要時間は30~40分くらい。設問が177あり、各設問20秒以内に答えます。(けっこうがっつりで疲れる)

診断結果は、34種類の資質の中から、自分の最も強い資質が5つが出てきます。(レポートはまさかの英語wでも本に全訳あるから大丈夫です)

資質はこの34種類です。

アレンジ, 運命思考, 回復思考, 学習欲, 活発性, 共感性, 競争性, 規律性, 原点思考, 公平性, 個別化, コミュニケーション, 最上志向, 自我, 自己確信, 社交性, 収集心, 指令性, 慎重さ, 信念, 親密性, 成長促進, 責任感, 戦略性, 達成欲, 着想, 調和性, 適応性, 内省, 分析思考, 包含, ポジティブ, 未来志向, 目標志向

「5つの資質を伸ばすことが成功への近道」ということで、私も診断を受けました。

(※この本は、「資質を知り、資質の活かし方について考える」ことが目的であって、資質の活かし方が事細かに載っているわけではないです)

私の5つの資質(才能の原石♡)はこれ。

1.学習欲(Learner) 

2.目標志向(Focus) 

3.内省(Intellection)

4.自我(Significance)

5.収集心(Input)

パッと見ただけで、完全に自己完結的な資質(笑)

 この5つの資質をセルフチェック、資質を裏付ける過去の行動パターンを振り返りました。

1.学習欲(Learner) 

学ぶことが大好き!内容や結果よりも、学ぶプロセスが刺激的。何も知らない状態から能力を備えた状態に移行することで活気づけられるため、学習の成果は学習のプロセスより重要ではない。

激しく納得!!ずっと苦手だと思ってた英語も、TOEIC何度も受けたり、英会話教室に通ったりしてたけど、イギリスに3週間留学したときに「英語はツールだ!もう使える!」と思った瞬間に勉強するのを辞めちゃった。だから私のTOEIC最終スコアは留学する前の650点としょぼしょぼ。。履歴書のためには勉強できなかった。

ピアノやクラリネットも同様、もうどんな曲でもやろうと思えばやれるからやりたくなくなっちゃった。伸び幅がないのが面白くないから。英語は9年、ピアノは15年、クラリネットは7~8年くらいは本気でやってたのかな。

きっと新しいことを始めた方がいいんだ!♡(そういうノリで仕事もすぐ辞めちゃうよね・・・)

本には、社会人学習、ヨガ、外国語、短期プロジェクトで能力を発揮できると書いてある。私立大学とかで企画とかできたら楽しそうだな


2.目標志向(Focus) 

「私はどこに向かっているのか?」という自問を繰り返す。明確な行先が必要で、行き先がないといらいらしてしまう。毎年、毎月、毎週でさえ目標を設定し、行動が目標に近づいているか本能的に評価し、役立たない行動を無視する。当然この行動の裏返しとして、遅れや障害、本筋を外れることが耐えられない。

そうなの!自分が目指す方向と実際にやってることの方向が違ったり、目標が決められないときって、死にたいほどストレスを感じている!!「何に必要なのか」期限や目的を言われず仕事を頼まれるのも大嫌い。どれくらいのクオリティでどの程度の時間を割いていいのかわからないから。それも具体的に目標設定ができないからか☆

3.内省(Intellection)

考えることが大好き。脳を刺激し、頭を働かせることが好き。1人で沈黙して内省するために、1人の時間も楽しめる。この内省という資質により、実際にやってることと考えてる事を比べて不満を感じやすい。

これね、仕事中ずっと不満を抱えてるわけよ。だから何も考えないようにしてるけどそれって資質を伸ばせてないってことなのね。この内省って資質が一番厄介そうだ。でも考えるのって楽しいよー。アウトプットは苦手。いま記事を書いてるのも、読んでた時よりはテンション下がってます(笑)

4.自我(Significance)

認められたい、話を聞いてほしい、目立ちたい。強みによって人に知られ、人に評価されたい。仕事は、自分の人生そのものにしたいと考え、好きなようにやらせてほしいし、自分のやり方でやる余地を残してほしい。さらに、信頼できて、プロフェッショナルで、成功してる人とだけ付き合いたいから、そうでない人には圧力をかけ、そうならないなら、彼らをおいて先へ進むでしょう。

酷い。。でもそうなんだよね。元彼たちもそれで捨てられている(笑)

「経営者や成功者の話が聞きたい」っていう理由で仕事を選んでた。タウンワークの営業より、生保の営業の方が客層上がるって考えて転職したし。あー怖いなわたし。

5.収集心(Input)

知りたがり屋さん。収集するのは情報や言葉、事実、書籍、あるいは形あるもの。集めるものが何であれ、いろいろなものに好奇心を覚え、手に入れた後はあらゆる利用の可能性を考えて保管し続ける。それが面白いと感じ、心を常に活き活きとさせる。

読書や旅行好きも収集心からだったのね。昔は音楽が好きだったことからCDや楽譜(演奏しなくても読むのが好きで)を収集していたけど、最近は物への執着はほとんどなくなって、なるべく色々な分野の知識や経験を多く積むことに満足感を抱くようになった。旅行で感じたこと、本で学んだ知識は「財産」だと思っているのは確か!

ストレングス・ファインダーで資質5つを知った感想

資質として出てきたこの5つは、普段自分が弱点だと思っていること。

自我が強過ぎるからもっと人に合わせなきゃ、とか。内省的なところあるから、自分の殻に閉じこもらずに社交的にならなきゃ、とか。

自分の資質を活かす方法を知らなくて、コントロールできてないってことみたいです。資質が暴走している(笑)周りの人ごめんなさい…

この「ストレングス・ファインダー」で出た診断に基づいてカウンセリングしてくれる人を紹介していただいたので、今度セッションをうけてみたいと思っています!それもまたレポートします!
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*