鹿児島・屋久島へ行ってきました 最終日

スポンサードリンク

こんにちは、こころです。鹿児島・屋久島旅行記 第3弾です!

3日目 縄文杉トレッキング後

宿に帰ってくると、夕食は焼肉が用意されていました!

スーパドライは宿の自販機で買えます!

 

初めて食べるヤクシカのお肉。

ヤクシカのお肉

味は普通の赤身のお肉と変わらなくて、固さのあるお肉でした。体力回復しそう。

登山で疲れ切っていたので、味はあんまり覚えてませんが、全部美味しかったです。すみません。

この日は素晴らしく爆睡でした。

4日目 最終日 屋久島から鹿児島市内へ

遂に旅行最終日です。

前岳荘さんでは、それぞれの出発の時間に合わせて、朝食を用意してくれます。

前岳荘さんの朝食

  • たけのことワカメのお味噌汁
  • ししゃも
  • 目玉焼きとサラダなど
  • 納豆
  • ノリ
  • ご飯

朝起きてすぐは食べれられないので、ご飯は少なめに。健康的な朝ごはんで身体も大喜び。

前岳荘さん、3日間お世話になりありがとうございました!

前岳荘は楽天トラベルからも予約できます▷▷民宿 前岳荘 <屋久島>

楽天トラベルなら急な旅程の変更でも直前までキャンセルできるし、楽天ポイントも貯まっておすすめです♪


宮之浦からトッピーで鹿児島へ

宿からバスに揺られること約1時間。*爆睡

宮之浦港へ到着しました。

宮之浦

 

が、しかし早く着きすぎたため、待合所が空いてない!8時30分に空いたので父に荷物を託し、宮之浦港入り口の屋久島観光センターまで歩いて戻り、お土産を買いました。

屋久島のお土産は買わなくていいや〜と思ってたのですが、屋久島観光センターはたくさんお土産が揃っていて、屋久杉の箸置きなどいろいろ買っちゃいました。

鹿児島市内に到着 荷物は山形屋に預けよう

トッピーでも爆睡。

戻ってきたので、まずはスーツケースなど大きい荷物を預けることに。

天文館にある鹿児島の老舗百貨店・山形屋の手荷物預り所で無料で預かってもらえます。

都会の百貨店ではありえないですが、地方の百貨店では荷物を無料で預かってくれるところがあります。コインロッカーを探す前に、百貨店のサービスを調べてみるとよいと思います。

*さすがに買い物しないのに預かってもらうのは申し訳ないので、ちゃんとお茶して帰りました。

鹿児島名物こむらさきラーメン

鹿児島に来たら必ず食べてたくなるのが、こむらさきラーメン!

鹿児島名物 こむらさきラーメン

とんこつベースで、キャベツともやしがたっぷり入った女性でも食べやすヘルシーなラーメンなのです。

昔母や祖母とよく食べた思い出の味でもあります。

大好きなこむらさきラーメンなのですが、この日の味は・・・いまいち。

作っていた1人が、明らかに新人っぽいお兄さんで、動きが良く言えば丁寧、悪く言えば遅い。麺が伸びきって、期待していた味ではなかったです。

もっと頑張ってほしい。以上。

鹿児島県立博物館

ラーメンを食べた後は、鹿児島県立博物館へ行きました。

鹿児島県立博物館

古くて小さいながらもレトロな建造物。なんと入館無料!

鹿児島に住む生き物たちの展示や、屋久島や他の島々の生態系について知ることができる展示が盛りだくさん。

カエル

西郷隆盛銅像

鹿児島に来て忘れてはいけないのが、西郷さんにご挨拶。

西郷隆盛銅像

西郷隆盛と大久保利通の地元は、鹿児島市加冶屋町。私も加冶屋町の病院で生まれました。なので、彼らには勝手に親近感を持ち、崇拝しています。歴史はよく知らないけど、なんか好き。そういうのあるよね?

鹿児島市立美術館

小雨が降ったり止んだりしていたので、美術館にも行きました。

鹿児島市立美術館

この日やっていたのが「ホキ美術館 名品展〜心ゆさぶる写実絵画〜

写真よりもリアルな絵画を堪能したところで、そろそろ時間に。

3泊4日の父娘旅行を終えて。

今回は縄文杉トレッキングをメインに父と旅行しました。初めて行く屋久島は、普段自分が生活している東京とはまるで別世界で、自然いっぱいの美味しい空気、ゆったりとした時間の流れが、疲れた心を癒してくれました。

父と一緒にトレッキングをしたことで、ただ「楽しかったね」という旅行ではなく、一緒に頑張ったということが、生涯忘れることのない特別な思い出になったと思います。家族で行くのもいいし、恋人と行くのもいいし、友達と行くのもいい。登山は、一緒に行く人の絆を深めてくれるんだな、と登山初心者ながらに思いました。

鹿児島市街地はコンパクトで、観光もしやすいです。母の故郷である鹿児島で、父と思い出に浸りながらの町歩きはとても楽しいものでした。さすがに丸4日も父親と話すことなんてないし、最終日は疲れて沈黙が多かったですが(笑)

今度は弟たちも一緒に、旅行したいと思います。

 

今回の旅で参考にしたのは、こちら。旅の大まかな計画を立てるのに役立ちました。ネットでも情報はたくさんありますが、本が1冊あると俯瞰的に情報を探せるので便利です♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)