よい睡眠とは?~睡眠コンサルタント 友野なおさんのセミナー

スポンサードリンク

こんにちは。こころです。

先日、日経ウーマンオンライン主催のセミナーで、睡眠コンサルタント・友野なおさんのお話を聞いてきました。「良い睡眠をとることのメリットとデメリット」、「良い睡眠のとり方」についてとても勉強になり、生活にすぐに取り入れたい内容が満載だったのでシェアしますね。

睡眠コンサルタント・友野なおさんってどんな人?

tomononao友野なお

株式会社 SEA Trinity 代表
睡眠コンサルタント
科学でわかる ねむりの環境・空間ラボ 主宰
順天堂大学 大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程

インナービューティーアドバイザー

公式ホームページより http://tomononao.com/

 

睡眠改善で15㎏のダイエットに成功した経験から専門的に睡眠の研究を始めた、睡眠コンサルタントの友野なおさん。実際に見ると、とにかく美しい!オーラがすごい!インナービューティーってこういうことかと納得できる人。可愛い。素敵。目の保養になりました♡

睡眠の効果

睡眠をとることでこんな効果が期待できます。

□美肌
□ダイエット
□アンチエイジング
□免疫力UP
□学力UP

なんとなくそうだよね〜って感じだけど、免疫力UPに関連して知らなかったのが、インフルエンザのワクチンを接種をした後は、しっかり睡眠をとらないと抗体がつくられないということ。予防接種をしたのに、インフルエンザにかかっちゃった〜というあなたは睡眠が足りていなかったのかも。

あなたの睡眠は足りている?かんたんセルフチェック♡

□朝すっきりしない
□朝排便欲求がない
□午前中に電車の中や会議で眠くなる
□休みの日に寝だめをする

はい、チェックが何個ありましたか?

チェックが1つでもついた人は睡眠が足りていないんだそう。

世間では「8時間は睡眠をとりましょう」と言われているけど、8時間という数字には科学的根拠が一切ないんです。

最適な睡眠時間は人それぞれで、あ~よく寝たなぁ!すっきり!というような「熟眠感」も主観でしか測れないもの。
それぞれ自分に合った睡眠時間を知ることが大切なので、休み日に目覚まし時計をかけずに寝て、何時間寝たらすっきり起きられるか自分で実験するしかないようです。

ちなみに私は9時間睡眠がでやっとすっきりです(日本社会に不適応。笑)

 

睡眠の質を上げるにはどうしたらいいの?

睡眠の質を向上させるには「睡眠五感」を整えること。

視覚

部屋の中を150ルクス以下の明るさの照明orろうそくの明かりにする。

ろうそくのゆらぎは「1/fゆらぎ」と言って、癒し効果があります。モーツァルトの音楽からもこの「1/fゆらぎ」が出てる?そうなんだそうだけど、よくわかりません。Wikipediaで知らべて後日加筆します(笑) 「150ルクスとかゆらぎとかわからんし!」っていう私みたいな人は、寝る1時間前からスマホ・PC・テレビを見ないだけでもOK。現代人にはなかなか難しいですね。。

嗅覚

アロマの香りで癒されることも睡眠の質を向上させます。アロマーフューザーやお香をたく以外にも、もっと手軽にアロマオイルで手をマッサージするだけでもOK。香りは鼻から吸って入るだけでなく、皮膚からも入るんだって!


聴覚

睡眠中はなるべく無音がベスト。何か音がないと眠れないという人もタイマーなどを設定して、眠ってる間は無音状態をつくりましょう。

温熱感覚、触覚

暑すぎず、寒すぎず、室温にあったお布団選びを。また肌触りの良いシーツやカバー、色はパステルカラーがおすすめです。

睡眠コンサルタント・友野なおさんの講演に参加した感想

今回の参加した目的は、「講演会など人の前に立って話をする女性がどんな立ち振る舞いをするのか、また、コンテンツの盛り込み方などを勉強したい」と思って参加しました。だから、「睡眠」について詳しく知ることができたのは良いおまけでした(笑)

友野なおさんのことも知らずに行ったのですが、聡明で立ち振る舞いが美しくて、情報量も多かったので、参加した甲斐がありました。友野なおさんのことを更に調べてみると、「思い立ったら即行動!」がポリシーで中学を中退し、単身でイギリスへ。その後バルセロナ大学に留学、元ミス日本…etc

なかなかファンキーで私好みの方でした♡

すでに多数のメディアに出演されていますが、今後の活躍も楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)