2018年振り返り

スポンサードリンク
こんにちは、こころです。
2018年も残りわずかですね。
今年は、プライベート、仕事の両面でいろいろあり、バタバタな1年でした。
仕事が繁忙期に入った9月くらいから、師走だーー!!!と毎日追われていましたね。年々社蓄感が増しています。

今日はそんな1年を振り返ってみたいと思います。

1月

予定していた結婚式をキャンセルし、仲間とパーティーしました。
いきなり衝撃的なスタート!笑
2017年の3月に入籍したものの、義父母と結婚式のことや将来的なことでぶつかり合うことが多々あり、離婚を決意。年末には別居していました。
結婚式は、直前のキャンセルだったので、飛行機や新幹線のチケットを買ってた友人と親族が(仕方なく?)私に会いに来てくれて、心あたたまる時間を過ごしました。

一度切りの人生、合わない家族と我慢して一生を過ごすより、私のことを大切にしてくれる人といようと思いました。

2月

離婚を決意したものの、今の会社のお給料では東京で家賃を払うのは難しそう。そう思った私は、転職をしようと考えました。以前からお誘いのあった会社に内定をもらい、勤めている会社に退職の意向を伝えたところ、どうしても辞められたら困ると。有難いですね。内定先の年収にあわせた額を支給すると打診があったので、悩んだ末に合意し、月給10万円アップに成功しました!

しかしながら、コキ使われている今は、そのときのジャッジを完全に後悔してます。もちろん感謝もしてます。だから、社蓄も致し方なし。号泣

3月

離婚が成立し、都内の1Kに引っ越しました。
家賃92000円、共益費高速Wi-Fi込み、新築、東京メトロ最寄り駅徒歩6分。通勤もドアトゥドアで30分になり、かなり快適。生活も便利で不満が一つもないので、むしろこの家賃が安いとさえ感じる。完全に東京に染まり始めたころ。

4月

香川旅行
土日で大学の先輩方と香川旅行をしました。
毎食安くて美味しいうどんを食べて、お腹も心も満たされたー。
案内してくれた先輩に感謝。

5月

ゴールデンウィークは父と鹿児島旅行をしました。
屋久島で初挑戦する本格登山で、世界遺産の縄文杉を拝んできました。
お出かけ用白パンツとランニングシューズでらくらく下山した父に、我が父ながら畏敬の念を抱きました。父を超えられる日は一生訪れないでしょう。
母がもう亡くなっているので、父とは年に1回は旅行できたらいいなと思っています。
支払い担当はもちろん、現役かつ年金も退職金もたくさんもらう予定の父です。
父と過ごす時間をつくることが、私なりの親孝行です。9月の発表会に向けて、ピアノの練習もやったり、それなりに充実してました。

6月

浜松から友達が来てくれて、鎌倉へ紫陽花を見に行きました。6月はゴールデンウィーク明けの五月病を引っ張ったり、母の命日もあるので、毎年センチメンタルで過ごしています。暑くなり、夏を感じると元気になります。

7月

またまた大学の先輩と名古屋、伊勢旅行をしました。猛暑の伊勢神宮。
真夏の参拝は早朝にすることを強くおすすめします。
同郷の彼氏ができました!私だけでは決め切れなかった、将来、広島に帰るという選択肢が具体的に。幸せは自分で選ぶことができると思いました。どんな幸せを掴むかは自分次第。

8月

花火大会に行ったり、お盆休みは、広島の実家、山口の田舎に帰省しました。
後半はピアノの発表会のために、ほぼ毎日ピアノ漬け!

9月

地元のピアノ発表会に参加しました。

関連記事▽

2018ピアノ発表会「エトピリカ」を演奏しました

仕事では、直属の後輩ができました。
服をつくって売る仕事なので、職人とのやりとりではアナログな作業が多く、こうしないといけない理由を説明するのが難しかったり、めんどくさかったり。
でも、後輩ちゃんはけっこう早い段階で仕事に慣れてくれて、最近では、もう一人の派遣の子も含めて良いチームになってきてるのが嬉しいです。社内外問わず、何をするにも信頼関係。
人が増えたことで、OEM、自社企画、ECなど、たくさんの仕事を受けても回せるようになりました。←職種は営業事務なのに、一人社長させられてる感じの社畜。

10月

ピアノの発表会が終わったと同時に繁忙期に入り、人の心を失いました。
ピアノの発表会は先生のご都合で、今年が最後!と思っていたので、終わったあとの喪失感は凄まじいものがありました。
途中お休みすることもあったけど、20年以上続けてきたピアノ。これから何を生き甲斐にしたらいいんだろう、、とボーッとしていました。

私にとってピアノがどれだけ大切なものだったかを実感する日々。
仕事にも通じる、より良く!という姿勢を作ったのは間違いなくピアノや吹奏楽部での活動を通してでした。
このことを人に伝えられるようになりたいなという気持ちと、発表会での恩師の笑顔溢れる姿をみて、ピアノの先生って素敵だなぁと思いました。音楽を通して人に教えられることがあるなと思って、ヤマハの指導グレードの取得を目指すことにしました。

11月

都内のピアノ教室を調べ尽くして、体験に行って、先生を決めました。幼稚園でやるような簡単な曲の伴奏づけや移調奏。新鮮で楽しい。そう、難しい曲に取り組まなくても音楽は楽しいものなのです。

彼に、広島の梨農園継ぐから付いてきてほしいと言われてました。人生何が起こるか、本当にわからない。刺激の多すぎる自分の人生に、少なからず疲れてきました笑
半生を本にしようと思ってるけど、どのエピソードを抜粋していいかわからないので、優秀な編集者さんの登場を待っています。笑

12月

仕事に忙殺されて気付いたらもうクリスマス。人生初のブルーノートへ。プレゼントなし協定は破られ、赤いバラが入った大きな花束のサプライズは嬉しかった。と最後は惚気で終わっておきます。

2018年まとめ

自分の幸せについて、とことんこだわった1年でした。色々な問題のある今の会社にいつまでいるか、というのが解決できなかった悩み。来年には飛躍の年にして、今抱えている問題に蹴りをつけて、すっきり30代を迎えたいと思います。
読んでくださった皆さまも良い年をお迎えください💗
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*